キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 安くしたいなら国産ブランド石材よりも外国産石材 : 墓石の秘密解明

安くしたいなら国産ブランド石材よりも外国産石材

国産のブランド石は魅力的ですが、驚くほど高額。墓石の価格を下げるなら、外国産や国内の安価な石材で大丈夫です。

墓石の秘密解明

安くしたいなら国産ブランド石材よりも外国産石材

墓石の価格は、使う石材の種類によってはまったく異なります。

とくに、「石の貴婦人」と呼ばれる大島石や国産御影石の最高峰と言われる庵治石、関東で圧倒時人気を誇る本小松石などを使うと、驚くほど価格が跳ね上がってしまいます。

他に、紀山石、伊達冠石、鍋石、浮金石、万成石、なども国産高級石材として知られ、かなりのお値段がします。

国産高級石材は、非常にブランド価値が高く、また安価な石材にはない上品さや独特の風合いが魅力。

著名人のお墓にも国産高級石材はよく使われています。

しかし、お墓を建ててみると、日本の高級な石材を使っていたとしても、素人目にはほとんど区別はつきません。

それであれば、わざわざ高価な石材を使う必要はないと思いませんか?

ついついブランド重視で国産の石材が良いと思ってしまいますが、外国産の石材であっても、耐久年数が長く、美しい風合いを持つ石材がたくさんあります。

中国産のものは敬遠されがちですが、実は今や日本の墓石の約7~8割は中国のものが使われていると言われています。

中国産であっても、採掘場や加工工程、取扱い業者などがきちんとわかっていれば、何も問題はありません。

また、どうしても国産にこだわりがある場合には、佐賀県唐津市で採掘される天山石を使うのがおススメ。

天山石は日本でもっとも硬度の高い石材だと言われており、耐水性も非常に低いのが魅力。

有名国産石材でありながら、他の石材に比べるとお値段もお手頃です。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 墓石の秘密解明 All Rights Reserved.